Kiyomi Negi

Gintenkai Premier Performance Unit Lead

 

Kiyomi Negi is a second-generation Japanese American born and raised in Chicago, Illinois. Kiyomi grew up in a completely bicultural and bilingual environment where she spoke, read, and wrote Japanese from an early age. She considers both English and Japanese to be her native language and is extremely conscious of her cultural identity. She is one of the very few 新二世 (Shin-Nisei) of her generation, living a unique Japanese American experience that identifies much closer with a Japanese Native.

Kiyomi began learning taiko under the group’s founder Hide Yoshihashi in 2002, making her one of the four remaining original members of Tsukasa Taiko, alongside Kioto Aoki, Miyumi Aoki, and her brother Koji Negi. Following her foundational years drumming at community programs as a student, Kiyomi made her “Taiko Legacy” concert debut at the Chicago Cultural Center in 2006. Since then, she has performed on prestigious stages in both Chicago and the Bay Area including the Museum of Contemporary Art Chicago, Chicago Jazz Festival, Millennium Park Pritzker Pavilion, Steppenwolf Theatre, Chicago Cultural Center, Harris Theatre, Auditorium Theatre, and the San Francisco Chinese Cultural Center and Japantown Peace Plaza. Kiyomi has also performed as a member of Tatsu Aoki’s MIYUMI Project band for select shows including Yoko Ono’s SKYLANDING production, Alphawood Gallery exhibition “Then They Came for Me: Incarceration of Japanese Americans during WWII and the Demise of Civil Liberties,” and the annual Solstice concert series by Hamid Drake and Michael Zerang.

Kiyomi currently serves as the lead for the active Gintenkai premiere performance unit in Tsukasa Taiko, completing an average of 90 shows per year. As the Gintenkai lead, Kiyomi regularly trains, performs, and emcees for educational presentations and community shows. She joins the other instructors for select workshops and special training sessions for beginners and existing ensemble members. Beyond drumming, she also works as the Asian Improv aRts Midwest creative director handling all aspects of internal communications, project management, PR, social media, and design. She is also one of the core production team members for the annual Taiko Legacy concert series held at the MCA. 

根宜清美

アメリカ・シカゴ出身の日中系二世。シカゴ・コロンビア美術大学卒業。幼い頃から日本語と英語を両方生かした完全なバイリンガル・バイカルチャルな環境の中で育ち、自身のエスニック・アイデンティティーを完全に認識できたアジアンアメリカ人・アーティストとしての道を歩む。また、日系アメリカ人としては、シカゴでは数少ない「新二世」という世代に当てはまる。「新二世」とは、従来の日系人とは異なり、言語はもちろん、純日本人としての文化知識や感覚、価値観、または美学などを理解し、兼ね備えたジェネレーションのこと指す。

2002年より司太鼓の初代創設者・吉橋ヒデ先生の元、日本舞踊若柳流の師範・若柳司友師宅の稽古場にて和太鼓を学び始める。なお、吉橋の時代から残っている司太鼓のオリジナルメンバーの一員でもあり、残りは青木希音・美弓姉妹と弟の根宜康志を含むわずか四人になる。太鼓稽古に通う傍ら、司の一生徒として数多くのコミュニティーイベントでの演奏を経て、2006年にシカゴ文化センターで「太鼓レガシーコンサート」デビューを果たす。以来、シカゴとサンフランシスコの数々の名門舞台にてパフォーマンスや講演をこなす。近年ではシカゴ現代美術館 (MCA)、シカゴ・ジャズフェスティバル、ミレニアムパーク・プリツカーパビリオン、ステッペンウルフシアター、ハリスシアター、オーディトリウムシアター、SFチャイニーズカルチャルセンター、SF日本町ピースプラザなどで太鼓演奏を披露する。また、青木タツ氏の The MIYUMI Project バンドの一員として、特例プロジェクトやコンサートにも常に参加している。作品例としては以下のプログラムなどがある:

  • 2016年:ヨーコ・オノプロデュース「SKYLANDING」アルバム参加、及びリリースコンサート
  • 2017年 :Alphawood ギャラリー展 「Then They Came for Me: Incarceration of Japanese Americans during WWII and the Demise of Civil Liberties」(第二次世界大戦中に起こったアメリカの日系人収容所歴史と体験談を題材とした写真・ドキュメンタリー展)にての映画オリジナルサントラアルバム参加、及びライブ
  • 2018年:世界的名ドラマーハミッド・ドレイク氏とマイケル・ジラング氏の恒例 Solstice コンサート出演
  • 2019年:Jazz Institute Chicago 50周年記念イベント「UNDU」青木タツ氏、ニコール・ミッチェル氏、ジョナサン・ウッズ・アプアット・エン・ヘル氏コラボレーションライブ

2012年より司太鼓内で最高峰のパフォーマンスユニット「銀天界」のリーダーを務め、メンバーとしては年間90を超えるプレゼンテーションや公演をこなす。銀天界リーダーとして、太鼓演奏以外にも、日本語と英語の双方を用いた講演MC、コミュニティイベント司会、司太鼓内のメンバー統括やコミュニケーション事項を総担当する。新人ワークショップや現メンバーのスペシャルトレーニングセッションにも、他インストラクターのサポートとして参加。

パフォーマー以外の役割としては、司太鼓が所属するアート団体 Asian Improv aRts Midwest (AIRMW)のクリエイティブ・ディレクターとして、広報・デザイン・ソーシャルメディア、プロジェクトマネジメントなど、幅広い分野で活躍。毎年12月にシカゴ現代美術館にて開催される太鼓レガシーコンサートでは、プロダクションの中心メンバーとして、衣装デザインや舞台演出もこなす。

 

 

 

 

Back to Core Members | Back to Home Page